海乳ex

海乳exの正しい飲み方

更新日:

海乳EXは何と一緒に飲めばいいのか?

海乳EXは何と一緒に飲めばいいのか?
海乳EXをどう飲むかについてですが、あるサイトによると「レモン果汁入りの水と一緒に飲むと大変効果が上がる」とのことです。

牡蠣エキスに入っている亜鉛の吸収率を高めるにはクエン酸とビタミンCを一緒に摂取するのがいいとされています。レモンにはこの2つがたっぷり含まれているのです。

亜鉛は人体に欠かせない栄養素ですが、実は大変吸収率が低いミネラル。

製薬会社ゼリア新薬のサイトによると、その吸収率は5%から40%とのこと。海乳EXなら2粒で12mgの亜鉛を摂ることができますが、5%の吸収率だとそのほとんどが体外に排出されていることになります。

海乳EXを飲んでも効果が実感できない人は、もしかすると体質的に亜鉛の吸収率が低いのかもしれません。

せっかく安くない費用でサプリメントを買って服用しているのですから、効率よく吸収しないと損です。

その効果を高めるためにも、1度レモン果汁入りの水を試してみて下さい。

海乳EXを飲むのに1番良いタイミング

海乳EXを飲むベストなタイミングですが、亜鉛の吸収を優先して考えましょう。

亜鉛の吸収を阻害する物質として——

・食物繊維(穀類、豆類、野菜、きのこ、海藻類)
・カルシウム(小魚、乳製品、葉野菜)
・タンニン(コーヒー、お茶、ワイン)
・フィチン酸(玄米、穀類の外皮)
・ポリリン酸(スナック菓子やインスタント食品などの食品添加物)

の5つがあります。

上記の物質は普通の食事には必ずといっていいほど含まれています。サプリメントは食後30分経ってから飲むのが良いと言われますが、亜鉛吸収の効率の観点から考えると食事の前後は避けた方がいいでしょう。

そして食事の前後を避けるとなると、ベストなタイミングは就寝前だと思っています。

食事が亜鉛の吸収を邪魔することを知らなかったころは、朝、昼、夜、食後などの時間帯を試してみましたが、体験的に就寝前に飲むのが最も効果が高いと感じていました。

吸収を助ける物質と吸収を妨害する物質があることを分かった上で、最も効果があったタイミングで飲み続けるのがいいのだと思います。

海乳EXの配合成分

配合されている原材料のうち、特に注目すべきものは次の4つでしょう——

・牡蠣肉エキス
・ビタミンE
・ビール酵母
・サフラワー油

まず牡蠣肉エキス。海乳EXには、最高級の広島産生ガキが155個も使われています。

そして一緒に入っている他の成分も効果の高いものばかり。

ビタミンEは抗酸化・血行促進作用を備えていて、ビール酵母は整腸作用が期待できます。

サフラワー油はコレステロール値を整え、血行改善などに役立ちます。

このように有効成分はたくさん配合されていますが、体に悪影響を及ぼすものは皆無なので安心です。

製造も日本国内で行っているので、品質も保証済み。飲み続けても問題はありません。

海乳exの口コミ情報

牡蠣について

牡蠣は「海のミルク」と呼ばれる栄養豊富な食材。

必須アミノ酸、12種類以上のミネラル、それにビタミン、グリコーゲン、コリンなど体の機能維持に欠かせない栄養素がたっぷり含まれています。

疲労回復、二日酔い予防、美肌効果、それにこむら返りの予防など、色々な働きが期待されます。

-海乳ex

Copyright© 『本当に効いた!海乳exの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.