海乳ex

海乳exに含まれる亜鉛

更新日:

全成分について考える

海乳EXの全成分について

海乳EXの全成分は以下の通りです——

サフラワー油、牡蠣肉エキス、ビール酵母、ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、着色料(イカスミ色素)、ビタミンE

海乳EXは女性にもおすすめ

海乳EXは人気商品ということで雑誌やネットの記事などで紹介される機会も多いのですが、その時「精力サプリ」という形容がされる場合があります。

「精力アプリ」というとどうしても男性向きのイメージがあり、「女性用ではない」と思い込んでしまう人が多いようです。

実際、精力剤とされている商品は男性が主要ターゲット。亜鉛の配合量が多いのが特徴になっています。

亜鉛の摂取過多というのは鉄、銅の吸収を阻害するため、生理期に出血がある女性は量に気をつける必要があります。

ということは、やはり海乳EXは女性向きではないのでしょうか?

そんなことはありません。海乳EXの主成分となっているのは牡蠣。アルギニンなどのアミノ酸をはじめ、ビタミン、たんぱく質、そしてミネラルを多く含有しています。おまけに栄養のバランスがよいため、亜鉛の過剰摂取にはなりにくいといわれています。

その上、アミノ酸やビール酵母に牡蠣エキスを吸収させた製法をとっているため、体への吸収率もアップ。

「精力サプリ」というのは誤解を生む呼び方で、「健康サプリ」という方がピッタリきます。

副作用の心配がない健康補助食品で、毎日の摂取によって少しずつ体質が改善されてきます。

別に男性に限った商品ではありませんので、女性が飲んでも大丈夫(ただ、妊娠中・授乳中の場合は摂取に気をつけた方がいいでしょう)。

亜鉛の効果とは?

牡蠣は世界中で愛されている食材。鍋でもフライでも美味しく頂けます。また近年まで生の魚介類を食べる習慣のなかった欧米でも、牡蠣だけは生のまま食していました。

美味しいばかりでなく、栄養素も豊富。プリプリした身には、亜鉛、タウリン、ビタミンB12、ビタミンEなどのミネラルが多く含まれています。低脂肪なのにタンパク質もたっぷり。「海のミルク」と称されるのも当然でしょう。

その中でも特に注目すべきは亜鉛の含有量。他の食品とは比較にならない量で、グーグルで「亜鉛」と検索すると予測機能によって「牡蠣」という言葉が出てくるほどです。

亜鉛は、体内の酵素の生成、およびそれを維持するのに絶対欠かせない栄養素です。酵素自体が生命活動に不可欠なものですから、亜鉛が欠乏することで色々な体の不具合が起こってきます。

亜鉛が不足した場合に起こるとされる症状には、以下のようなものがあります——

・発育不全
・唇が乾きやすい
・味覚障害
・円形脱毛症
・痛風
・前立腺の異常
・腸の消化吸収の低下
・感染症への抵抗力低下
・心筋梗塞
・動脈硬化

また新細胞を生成する新陳代謝の働きにも関わるので、美しくハリのある肌を保つ上でも大切です。

ただ、体に欠かせない物質といっても、過剰摂取は避けるべきです。

1日当たりの亜鉛の摂取推奨量ですが、成人男性の場合は12mg、成人女性は9となっています。

牡蠣100g当たりの亜鉛含有量は、13.2mg。

牡蠣1粒を18グラムだとすれば、亜鉛は約2.4含有されているので、4~5個も食べれば1日の推奨量は摂れてしまいます。

亜鉛を1度に2,000以上摂ると急性中毒になる、といわれているので、海乳EXを摂取する時も目安量はキチンと守るようにしましょう。

-海乳ex

Copyright© 『本当に効いた!海乳exの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.